「眞鍋かをり」に学ぶ短期合格する学習の方法とは?

タレントとして活躍する眞鍋かをりさん。最近では情報番組のコメンテーターなど知的な仕事が増えています。その眞鍋かをりさんは、横浜国立大学卒業です。

それも高校3年の夏から本格的に試験対策の学習を開始し、現役合格を果たしているのだから優秀ですね。2007年には資格試験対策に定評があるLEC東京リーガルマインドのイメージキャラクターに起用されています。

そんな眞鍋かをりさんの受験体験記が朝日新聞サイトに掲載されています。短期合格方法とも言えるのではないでしょうか。具体的な内容ですが、次のようなものです。

  1. 参考書を一項目ずつ何度も読んで丸暗記
  2. 過去問は何度も解く
  3. 試験中でも動揺しない「鈍感力」が大切

真鍋かをりのココだけの話

合格目標が大学入試と資格試験の差はあるかもしれせんが、眞鍋かをりさんの学習方法は合理的なものであり、短期合格を目指す受験生の方に役に立つと思います。ぜひ受験生の方に参考にして頂きたいです。【眞鍋かをりの短期合格方法(朝日新聞)】

「『鈍感力』で乗り切ろう」 タレント・眞鍋かをりさん

(中略)
受験勉強は苦しい。だから、何のためにやってるんだろうと思うこともあるかもしれない。実際、私のブログやツイッターにも、そういう相談が寄せられます。

 正直、やりたくなければやらなければいいし、他に必死になれることがあるなら、そっちをやった方がいいと思う。でも、他に本気で打ち込むことがないのなら、とりあえず目の前の山を登り切ってみませんか。

引用:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/edu/center-exam/TKY201301110287.html

(スポンサードリンク)