行政書士試験の短期合格術とは

行政書士試験の出題範囲はかなり広く、これが行政書士試験の不合格が多い原因でもあります。しかしその一方、短期間で難関試験の行政書士試験に一発合格を果たす受験生がいるのも、また事実です。

この違いはどこから生まれるのでしょうか。それはズバリ短期合格術を知っているか否か?なのです。確かに生まれながらにして頭のいい受験生は少なからずいて、このような受験生の真似をしてみても無理です。

しかし短期合格術は技術であり、忍者がトレーニングを繰り返して取得するのと同じことです。つまり頭の良し悪しは関係なく、誰でも身につけることが可能なのです。

今まで一生懸命に受験勉強をしてきたが結果に結びつかないと悩んでいる受験生の方、あなたに足りないのは能力ではなく短期合格術という技術ではありませんか?ならば悩む必要など全くありません。トレーニングをすれば誰でも身につけることができるのですから。

さて私が考える短期合格術とは以下の順番の通りです(法律初学者の方を想定しています)。

(1)学習漫画の活用
(2)基本テキストを理解する
(3)過去問題集を解く
(4)プラスアルファの問題集を解く
(5)模擬試験を受ける

です。要は効率よく軽めのインプットを行い、実戦型の問題演習を十分に積む点にあります。実際の問題を解くことで出題者の要求するレベルや合格に必要な知識が分かります。つまり「ゴール(合格)から逆算した学習」です。これは行政書士試験に限らず、あらゆる難関資格試験で共通する短期合格術と言えるでしょう。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)