【行政書士】試験委員の研究分野を知っていると有利になる?

行政書士試験の問題は試験委員と呼ばれる先生方によって作成されます。この試験委員は約20数人から構成され、その多くが大学教授です(高校の教員の方もいらっしゃいます)。

行政書士試験は他の資格試験とは異なり、試験委員の先生方の研究分野・専攻分野から出題されることがあります。したがって試験委員の研究内容を知っており、かつ出題予想が正確に出来ていれば、本試験でも有利になるでしょう。

そこで試験委員の研究分野を知る必要があるのですが、これは受験生が個人レベルでは無理です。時間的にも難しいと思います。また時間的に余裕があったとしても、その先生の論文を調べるなどと言うことはかなりの労力が必要です。

ならばどうするのか?一番確実な方法は予備校の答練や模擬試験を受験することです。予備校の先生方やふたっふの方は日々出題予想をしているので、予想が当たることが少なくありません。したがって学習が一通り終了して出題予想をする段階になったら、予備校の答練や模擬試験を利用する、これが受験生の方の負担が少なく、かつお勧めの方法と言えるでしょう。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)