【行政書士】睡眠不足で不合格、生活習慣の見直し、そして問題演習中心の学習に!

行政書士試験の受験生の多くは社会人や主婦の方です。そこで忙しい時間をやりくりをして行政書士試験の学習をするわけですが、中には睡眠時間を削って勉強に励む方もいらっしゃいます。

確かに睡眠時間を削って夜遅くまで勉強していると達成感はありますが、翌日は睡眠不足のために頭が回らなかった、このようなケースがほとんどです。また翌朝起きてみて、昨晩学習した内容をきれいさっぱり忘れていた、なんて経験もあるかもしれません。

したがって睡眠不足で学習を続けても能率も上がらず、結局は行政書士試験に不合格になってしまうかもしれません。まず一日の生活を見直して無駄の時間の洗い出しをする、これが合格を目指す上で重要です。

もちろん普段の学習においても見直す点もあるでしょう。短期間の学習で行政書士試験の合格を目指すならば、インプットは軽めにしてアウトプットを中心にするのがベストです。具体的には「出る順行政書士 ウォーク問過去問題集」や「試験に出る!公務員・司法試験の過去問200題はこれだ!」などの問題集を繰り返し学習するのです。解説も詳しく、何度も繰り返すことで得点力がつくでしょう。ぜひ合格に向けて頑張って下さい。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)