黒沢怜央先生の記事まとめ【行政書士講師ブログ】

元LEC東京リーガルマインド行政書士講座の黒沢怜央先生に関する記事まとめです。行政書士講師ブログのアーカイブになります。

なお黒沢怜央先生に関する口コミと評判、執筆されている書籍に関しては、こちらの記事をご参照ください。
関連記事 黒沢怜央先生の口コミと評判まとめ

動画で解説!情報公開法

[2014年10月27日]
黒沢怜央先生による動画解説です。今回は情報公開法。今年の行政書士試験の合格を目指す受験生の方は最終確認に、来年の本試験合格を目指す方や初学者の方はインプットの復習として視聴されると良いでしょう。

この情報公開法の動画では、情報公開法の意義からスタートし、部分開示やグローマー拒否など試験対策での上でマスターしておきたい項目を詳細に解説しています(「行政書士試験5分間トライアル」)。

そしてより詳しく解説しているのが、「黒沢レオの2014行政書士本試験直前動画!/情報公開法のまとめ」です。こちらは同じ内容で収録時間が約3倍の14分の動画解説となっています。時間のない方は「5分間トライアル」、じっくり学習したい方は「本試験直前動画」がお勧めです。

行政書士試験5分間トライアル

【LEC 行政書士】黒沢レオの2014行政書士本試験直前動画!/情報公開法のまとめ

【LEC 行政書士】黒沢レオの2014行政書士本試験直前動画!/情報公開法のまとめ

動画で解説!動産先取特権

[2014年10月6日]
民法の重要分野である担保物権。本試験の合格を目指す受験生の方は抵当権、質権、留置権あたりは十分に学習が進んでいるでしょう。その一方で対策が手薄になりがちなのが先取特権です。

特に独学で合格を目指す受験生の方は動産先取特権まで手が回らないかもしれません。そんな受験生の方にお勧めの動画解説が、実力派講師である黒沢怜央先生による動画解説「黒沢レオの2014行政書士本試験直前動画!/動産先取特権のポイント」です。

これは2014年本試験向けに収録された動画解説で、動産先取特権の基本的な概要、物上代位・差押え(約6分50秒頃から)、さらに債権譲渡との絡み(約7分20秒頃から)までフォローしてあります。

動画の収録時間も約11分と手軽なので、1回目は通常スピード、2回目は倍速で聞けば、約15分程度で動産先取特権の基本が理解できるでしょう。ぜひ今年の本試験合格に向けて活用して下さい。

【LEC 行政書士】黒沢レオの2014行政書士本試験直前動画!/動産先取特権のポイント

参考条文

民法304条(物上代位)
 先取特権は、その目的物の売却、賃貸、滅失又は損傷によって債務者が受けるべき金銭その他の物に対しても、行使することができる。ただし、先取特権者は、その払渡し又は引渡しの前に差押えをしなければならない。
2 債務者が先取特権の目的物につき設定した物権の対価についても、前項と同様とする。

メルマガ「講師の法律教室」

[2014年04月08日]
黒沢怜央先生によるメルマガの新連載「講師の法律教室」がスタートしました。これはLEC行政書士講座のメルマガ(メールマガジン)で、記念すべき第1回は「受験情報」です。

今回の記事ではゴールから逆算して取り組むべき学習を時期別に、具体的に提示しています。残り時間が多いと集中力が切れがちなりますが、細かい中間目標の設定に参考になるでしょう。

【2017年6月追記】黒沢怜央先生の「講師の法律教室」ページは削除されました。

動画解説「黒沢式条文の使い方・覚え方」

[2014年02月05日]
最近の行政書士試験対策のテキストは完成度が高く、条文を確認しなくても重要項目がインプットできるようになっています。しかし合格には知識の正確さが求められるで、条文を確認する作業は必要です。

また行政書士として開業すれば、実務では個別法を参照するケースが多いので、やはり条文を重視することになります(本試験対策で学習する行政手続法などは総論に過ぎない)。

そこで受験生の方にお勧めの動画解説が、黒沢怜央先生の「黒沢式条文の使い方・覚え方」です。この動画解説では、

  1. 条文の重要性
  2. 条文のの学習法
  3. 条文の活用法・覚え方

などについて約22分に亘り詳しく解説しています。そして具体的に行政手続法の条文を提示しながら説明しているので、独学で行政書士試験の合格を目指す受験生の方にもお勧めです。「どこまで覚えるか」「条文を覚えるポイント」など参考になる部分が多いと思います。

【動画】黒沢式条文の使い方・覚え方

2015年一般知識動画

[2015年10月31日]
2015年度行政書士試験まで約1週間となりました。行政法や民法など配点の高い分野の総復習をされていると思いますが、盲点になりそうなのが一般知識です。情報通信、文章理解を除けば予想を立てるのが難しく、その一方で基準点も設定されている悩ましい分野です。

そこで2015年度本試験合格を目指す受験生の方にお勧めなのが、黒沢怜央先生による「本試験まであと8日!一般知識の予想論点」です。出題範囲の広い一般知識についてズバリ出題予想を行っている動画です。

一般知識対策としては公務員試験向けの時事問題集や、大手スクールによる一般知識対策講座などがあります。もっとも残り時間が少ないので、黒沢怜央先生の今回の動画を参考にしつつ、今年解いた模試の復習等をするのがお勧めです。

行政書士 本試験まであと8日!一般知識の予想論点(行政書士ネットワーク)
※動画は削除されました(2017年12月7日)

40字記述式対策動画

[2014年1月29日]
行政書士試験で大きな配点を占める40字記述式。採点基準も公表されていないので不安になりがちですが、「制度趣旨の理解」、「重要キーワード」の記憶で合格ラインを超えることが可能です。

そんな40字記述式に本格的に取り組む受験生の方にお勧めなのが黒沢怜央先生による「行政書士試験記述対策、民法の出題形式」です。この動画は2013年向けに収録された動画ですが、2014年の民法対策においても参考になると思います。

行政書士試験の40字記述式、特に民法では事例形式の出題という特長があります。実際の試験問題に触れ、どのように解くのか?この点についてご覧になられると良いでしょう。

行政書士試験記述対策 民法の出題形式

行政書士合格スケジュール動画解説

[2014年1月15日]
2014年11月の行政書士試験の合格を目指す受験生の向けの動画解説です。

動画開始直後から10分頃までは行政書士試験の概要について。出題科目の特徴と得点プラン、学習法について詳しく説明しています。そして後半の10分からは具体的なスケジュールを提示します。

もちろん専業受験生の方と、学習時間に制約のある社会人の方では学習計画も変わってきますが、だいたいの目安として「どの時期に」「どの科目を」「どの程度」学習すべきか参考になる点も多いでしょう。

特に暗記では対応できない理解型学習が求められる民法については、早い時期に学習を開始し、その後は他科目と同時並行しながら知識を維持する必要があります。そんな民法の学習法(使用すべき問題集)なども確認しておきましょう。

なお動画中で黒沢怜央先生がブログで推奨されている問題集は、「スー過去」こと、スーパー過去問ゼミです。公務員試験向け(国家一般職、地方上級)の問題集ですが、出題レベルが行政書士試験の標準的な問題と近く、繰り返し学習に耐えるだけの良問が数多く収録されているベストセラーです。

行政書士「合格スケジュールから導く、勉強方法教えます!」黒沢怜央講師

本試験試験シミュレーション動画解説

[2013年11月9日]
行政書士試験も明日になりました。合格に向けて重要事項の最終チェックに追われていると思いますが、本試験に向けて持ち物などの確認もしておきたい所です。

そこで受験生の方にお勧めなのが、黒沢怜央先生による「直前メッセージ動画」です。これは試験会場に持っていく物のほか、試験が開始されてからの問題を解く順番などシミュレーション(動画開始から約4分50秒頃)など、動画で詳しく解説しています。

もちろん解く順番は受験生の方それぞれですが、個数問題への対応法など、指導経験豊富な黒沢怜央先生のアドバイスも参考になろうかと思います。

この動画は約20分の内容になっています。動画で最終チェックをして、残り時間をテキスト・問題集の繰り返しに時間を充てるのがベストです。

なお試験終了後には、各スクールから解答速報が公開されます。正解番号、講評、分析動画などが公開されますので、ぜひご利用ください。

黒沢怜央先生による本試験シミュレーション動画解説(LEC講師直前メッセージから)

行政書士試験応援メッセージ動画

[2015年11月8日]
いよいよ2015年度行政書士試験の当日になりました。試験対策の勉強が十分に行われた方でも不安になる、それが本試験です。

そこで受験生の方にお勧めなのが、黒沢怜央先生による直前応援メッセージ動画「【行政書士試験】本試験を迎える皆さまへ」です。3分程度の簡潔な動画ですので、ぜひ視聴をされると良いと思います。

この動画の中で黒沢怜央先生は、「自信を持つことの大切さ」を説明されています。行政書士は法律系の入門資格とされますが、受験生の方が実際に読み込んだテキスト、問題集などはかなりの分量になるはずです。今までに取り組んできた内容を振り返ることで、確固たる自信につながり、それが好結果につながることを期待しています。

また最大の関門である40字記述式問題ですが、配点が高いので絶対に捨てないことです。解けそうにもない問題でも、キーワード等で部分点がもらえるケースもあります。択一問題等を含めて、最後まで諦めないことが合格につながります。

【行政書士試験】本試験を迎える皆さまへ
※動画は削除されました(2017年12月7日)

「宅建士から拡がる士業の儲け話」

[2014年12月2日]
平成26年12月7日(土)にLEC新宿エルタワー本校でトークイベント「宅建士から拡がる士業の儲け話」が実施されます。現在の宅地建物取引主任者試験は平成27年度から宅地建物取引士試験になります。つまり士業への格上げなのですが、それに関連するイベントです。

参加される講師の方として、LEC行政書士講座・黒沢怜央先生、司法書士講座・森山和正先生、宅建講座・水野健先生が予定されています。黒沢怜央先生は行政書士として、森山和正先生は司法書士、水野健先生は不動産会社経営・行政書士(TVチャンピオン第一回東京温泉テーマパーク王優勝者)などと、実務家として活躍する先生方によるトークとなります。

したがって宅建士の将来・展望に加え、行政書士、司法書士の実務に関する話も聞けるかも知れません。また行政書士の農地転用業務には宅建の知識が役立ち、不動産売買において宅建と司法書士がつながります。したがってこれらのダブル資格を目指す受験生の方にもお勧めです。

【関連動画】士業バトルトーキング「行政書士<黒沢>VS司法書士<森山>」実務の世界を徹底討論

まとめ

ここまで元LEC行政書士講座の黒沢怜央先生の記事についてまとめてきました。このほか先生の詳細については、「黒沢怜央先生の口コミと評判まとめ」をご覧ください。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)