行政書士の短期合格を目指すなら「学習計画表」は反省材料に使う

行政書士試験受験生のみなさん、毎日の学習ご苦労様です。さて、学習計画表はフル活用していますか?行き当たりばったりの学習は好ましくなく、行政書士試験の短期合格には学習計画表は必須の道具です。

しかし中には忙しくて計画通り行かず嫌になってしまう場合や、そもそも計画を立てる習慣がない、計画の立て方が分からない…という方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は学習計画表のもう一つの活用方法を提示したいと思います。それはその日に学習した内容を学習計画表に記録しておく、という方法です。

本来、学習計画表は学習予定を立てるための事前的なものですが、この方法は事後的な使い方と言え本来の趣旨に反するように思われます。

しかし、この方法(=その日に学習した内容を記録しておく)は意外と効果があります。毎日の学習内容を記録しておき、1週間後、2週間後などに見直します。すると学習分野に偏りがある場合、すぐに発見でき、修正が可能となります。まさに反省材料として学習計画表を利用するのです。

これと似た方法が岡田斗司夫さんの「いつまでもデブと思うなよ」です。これは毎日の食事の内容を記録しておくだけという単純な方法により、体重を117kgから67kgへと50kg減量、体脂肪率を42%から17%へと落とした、というものです。レコーディング・ダイエットと呼ばれ、自分が摂取しているカロリー、食事の内容、間食などを自覚し、ダイエットにつなげるというものです。

このレコーディング・ダイエットの手法を、毎日の行政書士試験の学習に応用させよう、というのが今回の提言です。計画倒れで自己嫌悪になってしまう受験生の方でも、この方法ならば続けられるはずです。ぜひもう一つの学習計画表の使い方で行政書士試験の短期合格を目指しましょう。

(スポンサードリンク)

講師ブログ

行政書士講師ブログはこちら
LEC・TAC・伊藤塾・東京法経学院・フォーサイト・大原・資格スクエア・アガルートなど試験対策スクール講師のブログ新着記事まとめ。

解答速報

行政書士試験 解答速報はこちら

(スポンサードリンク)